このページを印刷

SEGA SAMMY Monthly Report 2016

  • 企業:【セガサミーホールディングス株式会社】セガサミーグループ2017年3月期 第1四半期決算発表
  • 事業:【サミー株式会社】『ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル2016』開催
  • 事業:【株式会社セガゲームス】『龍が如く6 命の詩。』最新情報 記者発表会開催
  • 事業:【株式会社セガ・ライブクリエイション】東京ジョイポリス20周年企画 記者発表開催
  • 事業:【株式会社セガ・ライブクリエイション】オービィ横浜 動物と触れ合える『アニマルスタジオ』オープン

スケジュール

企業セガサミーホールディングス株式会社

セガサミーグループ2017年3月期 第1四半期決算発表

2016年8月2日セガサミーホールディングスは、2017年3月期 第1四半期決算を発表しました。

当第1四半期は、遊技機事業において、パチスロ遊技機の新作タイトル『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ R2』やパチンコ遊技機の『CRビッグドリーム~神撃99Ver.』の販売が好調に推移しました。

エンタテインメントコンテンツ事業では、デジタルゲーム分野において『ファンタシースターオンライン2』がPlayStation®4での配信を開始し、同時接続数が過去最大となるなど既存主力タイトルが堅調に推移したほか、パッケージゲーム分野において、欧州を中心に高い人気を誇る「Total War」シリーズの最新作『Total War: WARHAMMER』が好調に推移しました。また、アミューズメント機器、アミューズメント施設分野において、4月に導入を開始した『艦これアーケード』のヒットを背景にそれぞれ好調に推移しました。

リゾート事業においては、平成28年熊本地震の影響により宿泊・ゴルフ・宴会などにおいて一部キャンセルが発生したことにより『フェニックス・シーガイア・リゾート』の施設稼働が低調に推移した一方で、『東京ジョイポリス』では20周年イベントやコラボイベントを実施し利用客数が増加しました。

以上の結果、当第1四半期の連結売上高は706億円、営業利益は30億円となり、前年同期比で大幅に増収・黒字転換となりました。

事業サミー株式会社

『ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル2016』開催

2016年7月24日サミー株式会社は、パチンコ・パチスロファンイベント『ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル2016』を株式会社ユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバーサルエンターテインメント)と共同開催しました。
本イベントは、両社が併せ持つ有力な遊技機タイトルおよびコンテンツで、パチンコ・パチスロファン並びに業界関係者の皆様を盛りあげていくことを目的に、ユニバーサルエンターテインメントが実施する「ユニバーサルカーニバル2016」にサミーが参戦する形で実現しました。

当日は、両社の歴史を彩る数々の名機たちや導入前の最新機種の試打コーナーなどが設置され、来場された方の高い関心を集めていました。その他、会場内にはいくつかのエリアが設けられ、メインエリアではライターや漫画家、声優陣など総勢100人によるイベントやプロレスなどが行われたほか、ショップエリアではオリジナルグッズやコラボグッズなどを販売しました。
会場には、1万6500人の方々が来場され、史上最大のパチンコ・パチスロの“お祭り”が大盛況のうちに幕が閉じました。

事業株式会社セガゲームス

『龍が如く6 命の詩。』最新情報 記者発表会開催

株式会社セガゲームスは、2016年7月26日(火)、秋葉原UDX・UDX THEATERにて『龍が如く6 命の詩。』の記者発表会を開催いたしました。
メディア・流通関係者に加え、ユーザー66名様をご招待し開催され、正式タイトル名『龍が如く6 命の詩。』や、東京・神室町に加え広島・尾道を舞台に物語が進行することが発表されました。また、昨年の東京ゲームショウで発表されたビートたけしさんに加え、藤原竜也さん、小栗旬さん、真木よう子さん、宮迫博之さん、大森南朋さんのキャスティングが明らかになりました。
『龍が如く6 命の詩。』は2016年12月8日発売です。東京ゲームショウにも出展予定ですので、続報にご期待ください。

<商品概要>
商品名 龍が如く6 命の詩。
対応機種 PlayStation®4
発売日 2016年12月8日(木)
価格 8,190円(税別)
ジャンル アクションアドベンチャー プレイ人数:1人
出演 黒田崇矢
藤原竜也・小栗旬・真木よう子・宮迫博之/大森南朋/ビートたけし
公式サイト http://ryu-ga-gotoku.com/six/
事業株式会社セガ・ライブクリエイション

東京ジョイポリス20周年企画 記者発表開催

株式会社セガ・ライブクリエイションが運営する「東京ジョイポリス」(東京・台場)は、2016年7月12日に開業20周年をむかえ、「さらなる驚きと感動を届けるための挑戦」をテーマに、20周年の数字“20”にちなみ20種類の取り組みを展開しています。

主な取り組みとして、プレイヤーが自由に動きまわりながら、他のプレイヤーとの協力プレイが可能な世界初となるVRアトラクション『ZERO LATENCY VR』(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)を7月23日にオープンしました。プレイヤーがヘッドマウントディスプレイなどを装着することで、何もない空間にゲームの世界が広がり、その空間で全身を使ってゲームを体験することができます。第一弾ソフトは、シューティングゲーム「ZONBIE SURVIVAL」(ゾンビサバイバル)をお楽しみいただけます。

また9月30日までの期間、今年デビュー20周年をむかえるアーティスト「T.M.Revolution」とのコラボレーション企画「T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020」を実施しています。人気曲を使用したデジタルSFライブ「LIVE at PLANET-JOYPOLIS」をはじめ、音楽のリズムに合わせて音を撃ち放つ「音ゲー(リズムゲーム)」とジェットコースターを組み合わせた、世界初のコースターアトラクション「撃音 ライブ コースター」や人気アトラクションとのコラボレーションのほか、衣装展や「T.M.Revolution」の楽曲をイメージしたオリジナルメニューの提供など、期間中は館内が「T.M.Revolution」一色に染まります。

その他に、アニメ化も決定したアイドルプロデュースゲーム「あんさんぶるスターズ!」のアイドルたちと館内を周る、回遊型すごろくアトラクション「ジョイポリすごろく with あんさんぶるスターズ!」、VRによるリアルな恐怖体験ができる「VR生き人形の間」といった新アトラクションのオープンや、月替わりのツイッタープレゼントキャンペーン、20周年を記念したオリジナルグッズや限定デザインのチケットを発売しています。
東京ジョイポリスでは、皆様の想像を超えたワクワク体験を取り揃えアニバーサリーイヤーを盛り上げてまいります。

事業株式会社セガ・ライブクリエイション

オービィ横浜 動物と触れ合える『アニマルスタジオ』オープン

株式会社セガ・ライブクリエイションとBBCワールドワイドリミテッドの共同プロジェクトであるエンタテインメント施設 オービィ横浜では、動物とふれ合うことができる『アニマルスタジオ』を2016年7月30日にオープンしました。

『アニマルスタジオ』では、ミーアキャットやヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)、カメレオンなど約15種類の動物展示を行い、一部の動物と直接ふれ合うことができます。
『アニマルスタジオ』のオープンに合わせ、シアター23.4では一昨年の夏に上映し大好評だったミーアキャットの家族に焦点を当てたプログラム「THE MEERKATS(ザ・ミーアキャット)」を今夏も上映します。また新プログラムとして、南アフリカを舞台に大冒険を繰り広げるケープペンギンの姿を追った「はらぺこペンギン・マックス」も上映しています。

夏休み企画として、ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ドリー」公開を記念して、登場するキャラクターと同じ生物の謎を解きながら、キーワードを探していく、館内周遊型体験イベント「なぞときラリー」(9月30日まで)や、特設会場にて普段避けているキモい生物たち約30種類を集めた「キモい展」(8月31日まで)を開催しています。

大自然を体感しリアルな生き物とも出会える新しいオービィ横浜をお楽しみください。

バックナンバー