Monthly Report

事業

株式会社セガゲームス

『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック™』発売

株式会社セガゲームスは、任天堂のマリオ、セガのソニックをはじめ、2社を代表するキャラクターが共演するオリンピック公式ビデオゲーム『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック™』(Nintendo Switch™用)を2019年11月1日に発売しました。

本作は、任天堂の「マリオ」とセガの「ソニック」をはじめ、2社を代表するキャラクターが共演するオリンピック公式ビデオゲームとして、陸上や水泳、球技のほか、東京2020オリンピックから採用されたスケートボード、サーフィン、スポーツクライミング、空手など21競技を収録しています。このほかにも、1964年の東京オリンピックをイメージした、懐かしいドット絵の「東京1964年競技」や東京の名所を舞台にしたミニゲームなどを収録し、ご家族や友人同士はもちろん、オンラインプレイを通じて世界中のプレイヤーとの対戦がお楽しみいただけます。

商品名
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック™
対応機種
Nintendo Switch™
プレイ人数
1~4人
※オンライン時:最大8人
※Nintendo Switch™版 ローカル通信プレイ対応:2~4人
ジャンル
スポーツアクション
対応言語
日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)
権利表記
TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. © 2019 IOC. All Rights Reserved. © NINTENDO. ©SEGA.

事業

株式会社セガゲームス

『龍が如く7 光と闇の行方』完成披露会 開催

株式会社セガゲームスは、『龍が如く』シリーズの最新作『龍が如く7 光と闇の行方』(2020年1月16日発売予定)の完成披露会を2019年11月13日に開催しました。

2005年に第1作が発売された『龍が如く』シリーズは、愛、人情、裏切りをテーマに巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた大人向けエンタテインメント作品として、全世界で累計1200万本を出荷。
最新作となる『龍が如く7 光と闇の行方』では、新主人公の春日一番が、新たな舞台となる「横浜・伊勢崎異人町」で仲間たちと共に成り上がり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマが体験できます。ゲームシステムも一新し、誰もが爽快なバトルを簡単に楽しめる「ライブコマンドRPGバトル」を搭載。喧嘩アクションとRPGを融合し、街中にある全ての物が一瞬も止まることなく、ダイナミックでハイスピードなバトルを楽しむことができます。湘南乃風と中田ヤスタカ氏が担当するテーマ曲では、『龍が如く』が持つ”男らしさ“や”熱さ”を表現し、ストーリーを盛り上げます。

完成披露会には、主人公役を務める中谷一博さんほか、堤真一さん、安田顕さん、中井貴一さん、助演女優オーディションで選ばれた鎌瀧えりさん、沢すみれさん、柳いろはさんが登壇され、収録秘話や本作のテーマでもある「成り上がり」に関するエピソードをお話されました。

商品名
龍が如く7 光と闇の行方
対応機種
PlayStation®4
発売日
2020年1月16日(木)予定
CERO
D区分(17歳以上対象)
公式サイト

事業

PARADISE SEGASAMMY Co., Ltd.

パラダイスシティ屋内型遊園地「ワンダーボックス」が「アウトスタンディング・アチーブメント賞」受賞

パラダイスシティの屋内型遊園地「ワンダーボックス」が、アートとテクノロジーを融合した21世紀型テーマパークとしての革新的なパフォーマンスが認められ、世界の最も優れた文化施設に贈られる第26回ティア・アワード※にてFamily Entertainment Center部門で「アウトスタンディング・アチーブメント賞」を受賞しました。

「ワンダーボックス」は、韓国のパラダイスグループとセガサミーホールディングス株式会社が共同運営する韓国初統合型リゾート施設『パラダイスシティ』内にあり、「夜の遊園地」をコンセプトとした園内では子供から大人までお楽しみいただけます。建物の外観を世界的な建築家集団「MVRDV」が設計、グローバルマルチメディアスタジオ「モーメントファクトリー」がメディアコンテンツを制作し、おとぎ話に迷い込んだようなノスタルジックな空間を表現しています。

今回、誰もが心に秘めている童心を呼び起こす環境演出や体験が最高レベルで調和し、今までにない斬新な楽しさを実現していることが評価されての受賞となりました。

※ティア・アワード:エンタテインメント業界のアカデミー賞と呼ばれ、非営利の国際団体テーマテインメント協会が主催する、博物館、美術館、テーマパーク、レストランなどの世界的に優秀な文化施設を表彰する制度。

スケジュール

ページトップに戻る