Monthly Report

事業

セガグループ

『ジャパン アミューズメント エキスポ2020』出展

株式会社セガ・インタラクティブと株式会社ダーツライブは、2020年2月7日~8日の2日間『ジャパン アミューズメント エキスポ2020』(以下、『JAEPO2020』)に出展しました。

『JAEPO2020』には、アミューズメント・エンタテインメント業界のメーカー、関連企業41社が発売前の最新アーケードゲームやクレーンゲームの景品などを展示しました。昨年まで合同開催されていたユーザー参加型ゲームイベント『闘会議』とは別開催となり、4年ぶりに単独開催となりました。2日間を通し、15,241人(報道を含むビジネス来場者7,612人・一般来場者7,629人)となりました。

セガ・インタラクティブは、1月23日より稼働を開始した『マリオ&ソニック AT 東京 2020 オリンピック? アーケードゲーム』のほか、物理的なメダルを使用しない電子メダルを採用した大人気競馬メダルゲーム『StarHorse4』(稼働中)や『ALL.Net P-ras MULTI バージョン 3 』の新作タイトル『GUILTY GEAR -STRIVE-』、メダルゲームの『バベルのメダルタワーW!』など幅広い製品を出展しました。ダーツライブからは、忍者トレーニングマシン・アーケード版手裏剣ボード『NINJA TRAINER ARCADE』(2020年稼働予定)が出展されました。
パブリックデーでは、ブース内ステージでセガ音ゲー人気タイトル『maimai でらっくす』の公式全国大会決勝やセガ音ゲーライブなど様々なイベントが開催されました。

事業

株式会社セガトイズ

『春のおもちゃ商談会2020』出展

株式会社セガトイズは、2020年1月29日・30日に東京都立産業貿易センター台東館で行われた『春のおもちゃ商談会2020』に出展しました。
おもちゃメーカー各社が2020年上半期の新製品を中心とした主力製品を展示し、多くの来場者で賑わいました。

セガトイズブースでは、ユニコーンをモチーフとした新しいサプライズトイ『ユニ・バース』、次世代型学習パッド『名探偵コナン ナゾトキパッド』をはじめ、累計販売台数20万台を突破した動く絵本プロジェクター『Dream Switch』、イクメン オブザイヤー2019で初の認定商品に選定された「アンパンマン くみたて DIYシリーズ」、遊びながら算数や国語、プログラミングなどを自然と学ぶことができる『マウスできせかえ!すみっコぐらしパソコン』などを出展し、注目を集めました。

ユニコーンをモチーフにした『ユニ・バース』は、21種類のフィギアに様々なアクセサリーを使って自由にアレンジして楽しむだけでなく、アレンジした写真をインスタグラムに投稿し『ミス・ユニコーン』を目指すキャンペーンの実施など、オンラインでも楽しむことができます。
『名探偵コナン ナゾトキパッド』は、全400を超えるナゾトキ問題を収録し、小学生低学年から中学年向けに柔軟な発想と論理的な考え方を鍛えられるだけでなく、オリジナルアプリでゲームや写真撮影も楽しむことができます。

著作権表記:c青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 c小学館 cShoPro

CSR

株式会社ダーツライブ

横浜市の小学校でプロダーツ選手によるレッスン会実施

株式会社ダーツライブは2020年1月17日、横浜市立森の台小学校のダーツクラブにてレッスン会を実施しました。
当日は、プロダーツ選手 広瀬晴香選手を講師に迎え、参加した36人の子供たちにダーツの投げ方のほか、点数計算、スローライン(投げる位置)の測定方法などを教えながら、スポーツダーツを楽しみました。

先端がプラスチックのソフトダーツを使用し安心安全に楽しめる「スポーツダーツ」は、年齢や障害などに関係なく、誰もが楽しめる生涯スポーツとして注目を集めています。集中力や持続力などのメンタルの強さと計算力を身に付けられるほか、仲間と近い距離感で行うため、コミュニケーション能力や協調性なども自然と育まれます。
ダーツライブでは、次世代育成支援の一環として森の台小学校のダーツクラブにダーツ用品の提供やダーツプロによるレッスン会など、ダーツの総合アドバイザーとしての協力支援を行っています。
今後も、ダーツを通じた様々な社会貢献活動を行って参ります。

CSR

セガサミーグループ

『第5回 企業ボランティア・アワード』で大賞受賞

セガサミーグループは、2011年から続ける東日本大震災復興支援に活動が評価され、東松島市復興支援団体プラスネオとともに、『第5回 企業ボランティア・アワード』にて「大賞」を受賞しました。

企業ボランティア・アワードは、東京ボランティア・市民活動センターが、企業で働きながら非営利団体でボランティア活動を行う人たちを表彰し、広く社会に広報することで企業人のボランティア活動への参加や企業と非営利団体の協働を促進することを目的としています。

セガサミーグループは東日本大震災直後から現在まで継続して、災害ボランティア(実施回数:累計52回、 参加社員ボランティア:延べ 626人)やセガサミーグループのリソースを活かした復興応援イベント(実施回数:106回、参加社員ボランティア:延べ1,343人)を実施し、被災地に笑顔と元気、感動を届けています。この他にも、「平成30年7月豪雨」におけるボランティア活動やイベント協力、「令和元年台風15号・19号」大雨被害におけるボランティア活動など、社員が参加するボランティア活動を実施しています。

セガサミーグループでは、今後も被災地復興に向けて継続的な支援活動を行ってまいります。

スケジュール

ページトップに戻る