Monthly Report

企業

セガサミーホールディングス株式会社

2021年3月期 第2四半期決算発表

2020年11月6日セガサミーホールディングス株式会社は、2021年3月期第2四半期決算を発表しました。

当第2四半期は、前年同期比では減収、損失計上となりましたが、遊技機事業、アミューズメント機器・施設分野およびリゾート事業がいずれも第1四半期で底打ちし、回復傾向となっています。

遊技機事業については、コロナウイルス感染症の影響でこれまで発売を延期していた、『パチスロ真・北斗無双』などの新作タイトルの販売を再開し、第1四半期より損失幅が改善しました。

エンタテインメントコンテンツ事業については、コンシューマ分野では、ゲーム本編※1にて海外を中心としたリピート販売が好調であったほか、F2P※2にて配信を開始した『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』 、『プロジェクトセカイ カラフルステージ!feat. 初音ミク』が好調な滑り出しとなり、新作・既存タイトルともに好調に推移しました。一方でアミューズメント機器分野・アミューズメント施設分野は集客数減少を受けていずれも低調に推移したほか、映像・玩具分野では劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開が延期となり、配分収入が大幅に減少しました。以上の結果、前年同期比で減収、増益となりました。

リゾート事業については、フェニックス・シーガイア・リゾートにおいて、『Go To トラベル事業』による個人需要を中心に回復傾向にあるものの、引き続き集客数の大幅な落ち込みから、前年同期比で減収減益となりました。

以上の結果、当第2四半期の連結売上高は、1,102億円、連結経常損失は35億円となりました。
現在当グループでは、市場環境に適応できる事業構造を構築することを目的に、構造改革に取り組んでいます。

※1:主に家庭用ゲーム機やPC向けのゲーム本編のディスク販売及びダウンロード販売など。(追加ダウンロードコンテンツの販売は含まない。)
※2:主にスマートフォンやPC向けの基本プレイ料金無料、アイテム課金制のゲームコンテンツの販売など。

構造改革の内容
事業ポートフォリオの見直し
アミューズメント施設分野の譲渡、アミューズメント機器分野の規模適正化
固定費削減の実施
希望退職者の募集
非事業資産の見直し
保有資産の売却

事業

株式会社セガトイズ

公式オンラインショップ『セガトイズ.com』オープン

株式会社セガトイズは、公式オンラインショップ『セガトイズ.com』を2020年10月14日にオープンしました。
本ショップでは、セガトイズ商品の販売や、様々なイベント、キャンペーン情報をご案内しています。この他に、社会的課題の解決に取り組むSDGsの一環として「セガトイズエコプロジェクト」にご参加いただけます。「セガトイズエコプロジェクト」は、『セガトイズ.com』で商品を購入すると、使用しなくなったおもちゃを、新しく購入するおもちゃ代金の20%で下取りし、地球環境に配慮したリサイクルを行うプロジェクトです。

セガトイズでは、お客様とともに「つくる責任・つかう責任」への積極的な取り組みを行うことで、これからも美しい地球を保つ努力を行うとともに、世界中に楽しい時間をお届けしてまいります。

CSR

セガサミーホールディングス株式会社

障がい者アート展示販売会を開催

セガサミーホールディングスは、東京愛宕ロータリークラブ、LIVES TOKYOと共同で、障がい者アート作品の展示販売会『2020 Art of The Rough Diamonds(ダイヤの原石たち)展』を2020年10月21日に開催しました。

「Art of The Rough Diamonds」は、障がい者によるアート作品が国内でも正当に評価され、アーティストに誇りと実益をもたらす環境を整備するために、東京愛宕ロータリークラブが2015年より開催している展示販売会です。
当日はセガサミー本社コワーキングスペースに、14人のアーティストによる作品約60点が展示されました。来場された約150人の参加者は、感性豊かな作品をゆっくり鑑賞し、気に入った作品を購入されていました。

セガサミーグループでは、今後も多様性を尊重し、誰もが平等に活躍できる社会づくりに貢献してまいります。

バーチャル展示会場
URL
推奨ブラウザ
Google Chrome

スケジュール

ページトップに戻る