市場の動向

このページを印刷

市場の動向データをPDF形式のデータでご覧いただけます。

市場の動向(PDF : 369KB)

遊技機市場

長期減少トレンドを辿る遊技人口


遊技人口は、遊技性の複雑化や、高射幸性機種の設置拡大によるライトユーザーの離散等により1995年頃をピークに減少傾向を辿っています。その影響を受け、パチンコ・パチスロ市場規模*1も長期漸減トレンドを描いています。
2004年7月に施行された「風適法施行規則等の改正」(以下、規則改正)では、過度な射幸性の抑制に主眼が置かれ、パチスロ遊技機の遊技性の幅が狭まりました。2007年秋に経過措置期間*2が終了し、新規則に準拠する機種への入替が進むに従い、遊技性の変化を背景に、主にパチスロのコアユーザーの離散が加速しました。
2010年以降、遊技機人口の減少はさらに加速していきました。とりわけ若年層のパチンコ・パチスロ離れが著しく進んでおり、2009年から2015年にかけて10代男性の参加率は11.4%から1.7%へ、20代男性も24.5%から6.8%へと大きな減少を記録しています。同時期にスマートデバイス向けのゲームアプリ市場の拡大等による「遊び」の選択肢の多様化が進んだこと、早期に投資回収が見込める「MAXタイプ」と呼ばれる高射幸性タイプのパチンコ遊技機の設置拡大によるライトユーザーのさらなる離散などが要因とされています。
遊技人口の減少を背景に、ユーザーの減少やパチンコホール経営状況が一層悪化し、遊技機市場も大きな影響を受けていくことになりました。

*1 :
パチンコホールの貸玉料、貸メダル料の総額
*2 :
2004年7月に施行された規則改正において、急速な市場環境の変化の緩和やパチンコホールの設備投資負担に配慮して設けられた旧基準機から新基準機への入替に関する3年間の経過措置期間

遊技参加人口とパチンコ・パチスロの市場規模

遊技参加人口とパチンコ・パチスロの市場規模

出所 : (公財)日本生産本部「レジャー白書2016」

遊技機市場規模/販売台数

遊技機市場規模/販売台数

出所 : 矢野経済研究所

パチンコホールの淘汰と遊技機メーカーの二極化


パチンコホール数も長期的に減少の一途を辿っています。遊技参加人口の減少により投資余力が低下する一方で、機械の高額化が進んでいく中、年間回転数*3の低下が示す通り、パチンコホールは新機種への入替回数を減少させていきました。これが遊技機市場規模の減少に直接的な影響を与えることになりました。また、限られた資金の確実な回収を企図し、優れた稼働時間*4が期待できる機種を選別的に導入していった結果、遊技機市場では、競争力あるIPや開発力、そしてその開発力を支える強固な財務基盤がある上位企業と、下位企業の二極化が徐々に進行していくことになりました。

*3 :
年間回転数=年間販売台数/設置台数
*4 :
営業時間中に遊技機が稼働している時間

年間回転数と店舗数

年間回転数と店舗数

出所:年間回転数は警察庁及び矢野経済研究所データより当社算出、店舗数は警察庁

* 年間回転数=年間販売合数/設置台数

悪循環を断ち切るための取り組みの必要性


ユーザーの裾野拡大に向けて、パチンコホール、遊技機メーカーともに低射幸性機種の導入や開発を推進しました。しかし、低貸玉営業は、パチンコホールにとって稼働時間の向上に一定の効果はあったものの、1台当たり売上高の低下をもたらし、その結果、パチンコホールの経営状態がさらに悪化することになりました。投資抑制が店舗活性化の遅れを招き、資金の早期回収のために高射幸性機種を導入した結果、ライトユーザーの離散がさらに進むとともに、プレイヤーの中心となっているヘビーユーザーの「のめり込み問題」が、さらなる規制強化をもたらすという悪循環が起こっています。こうしたサイクルを断ち切り、業界活性化を実現していくための業界が一丸となった取り組みが求められています。

稼働時間*

年間回転数/店舗数

出所:ダイコク電機(株)「DK-SIS」データ

* 営業時間中に遊技機が稼働している時間

従来の枠組みを越えた協業


遊技人口減少の要因となった「のめり込み問題」や不正改造等、業界が抱える課題の解決を通じた業界健全化に取り組む動きが、遊技機メーカー側、パチンコホール側で活発化しています。遊技機メーカーは足並みを揃え、射幸性を煽る機能を抑制する自主規制を相次いで導入しています。極めて大きな環境変化が、遊技機メーカーに様々な短期的影響を与えています。「のめり込み問題」の解決を主眼に置いた遊技性の大きな変更に対応するために、各メーカーは開発スケジュールの見直しを迫られています。また、新規則に適合した機種の中には高い稼働実績を示すタイトルも登場しているものの、短期的には遊技性の変更に伴うマーケットの動揺が懸念されています。事実、パチンコホール側は新規則に適合した機種に関して、慎重な入替姿勢をとっており、遊技機市場は短・中期的には低調に推移することが予想されています。
こうした短期的な影響を乗り越え、長期的な視座のもとでユーザー層を拡大し業界を活性化していくべく、競合同士のパートナーシップ等、従来ではあり得なかった協業も進められています。部品の共同調達や部材共通化等、コストサイドの効率化を目的とするプラットフォームの業界全体への波及や、開発面での連携を通じた新たな遊技性の創出も期待されています。

関連リンク

役員紹介

当社の役員一覧を掲載しています。

Adobe Reader PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。

最新の株価(20分遅れ)

株価チャートを見る

マンスリーレポート

オンラインアニュアルレポート

グループCSRレポート

大和IR優良企業賞受賞

スマートフォン版IRサイト