CSR・SDGs推進方針

セガサミーグループのCSR・SDGs活動の推進に関する方針

セガサミーグループはCSR・SDGs活動を推進し、セガサミーグループが、「社会から信頼され、必要とされ、そして尊敬される企業グループであり続ける」ことを目指します。

エンタテインメントを通じて社会に貢献を

セガサミーグループは、「感動体験を創造し続ける~社会をもっと元気に、カラフルに。~」というグループミッションを掲げています。エンタテインメントを通じて感動体験を提供することで、社会に潤いを与えること、つまり良質なエンタテインメントは、成熟した社会にとって必要不可欠なものであり、その創造は私たちの喜びであるとともに存在意義となっています。私たちは世界中の人々に感動体験を提供し続けることで、社員一人ひとりが己の仕事に誇りを抱き、ひいては社会の持続的発展に役立っていると実感できるような企業グループであり続けることを目指します。
セガサミーグループの成長は、社会の発展とステークホルダーのとのかかわりの中で成り立っており、社会の一員としてCSR(社会的責任)を果たすことは当然のことです。CSRとは特別なものではなく、私たちが掲げるグループミッションを日々実践することが基本になっていることを納得することが第一歩となります。
法令や社会規範に則り、安定的かつ適正な利益を創出し、納税・配当を行うことで、社会の持続的発展を支えていきます。但し、それで十分という訳ではなく、世界的視野での地球環境問題や人権問題等の社会課題に対する期待、特に、世界の持続可能な社会・環境の目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の内容も踏まえて、持続可能な社会(サステナビリティ)の実現を目指して「良き企業市民」として積極的に社会の期待に応えるCSR活動を実践していきます。

CSR・SDGsに関する取り組むべき重要課題について

セガサミーグループは、CSR・SDGsを推進するに当たり、ESG情報開示における基本的枠組み(SASB)を参考にして取り組むべき重点課題(マテリアリティ)およびその重点項目を下記のとおり設定する。

※SASB=Sustainability Accounting Standards Board

5つの重点課題について

1.環境

製造過程の環境負荷低減を重視した製品設計やリサイクル、リユースを通して、より効率性を上げる取り組みのほか、環境保全や消費電力の削減などの取り組みを進めます。

2.依存症

パチンコ・パチスロの「のめり込み問題」や、ゲームに没頭して健康に深刻な障害が出る「ゲーム障害」、IR(統合型リゾート)事業と関連性の深い「ギャンブル依存症」をはじめとした依存症問題の対応・予防への取り組みを進めます。

3.人

多様な人財が働きがいを持って活躍できる環境を作り、創造性豊かな企業風土を形成していくほか、ダイバーシティを当然のこととし、人権の尊重と差別の禁止、弱者保護による不平等の排除を徹底します。

4.製品/サービス

エンタテインメントを通じて感動体験を創造し、社会をもっと元気に、カラフルにするために、革新的な製品の提供を可能とするための開発プロセスの構築、製品・サービスの持続的な品質向上、安心・安全に楽しめる製品・サービスの提供を行います。また、事業を活かした社会課題解決にも積極的に取り組み、継続的な成長・企業価値の最大化につなげていきます。同時に、良き「企業市民」として、グループ全体で、地域社会の皆さまと積極的に対話しながら、多様なエンタテインメントおよびその振興を通じて社会への貢献を進めます。

5.ガバナンス

コンプライアンスやリスク管理を含めたコーポレート・ガバナンスを重視し、法令遵守体制、内部統制システムの強化を行い、企業経営の健全性確保、透明性向上、効率性向上を目的としたガバナンス経営を徹底します。また、積極的な啓発活動を通じて社員一人ひとりが社会に対する責任感を自覚し、セガサミーグループらしいCSR・SDGs活動を実践することで、社会から信頼され、長く愛される企業として存在し続けることを目指します。

ページトップに戻る