社会・地域支援活動

セガサミーグループの社会・地域支援活動

【セガサミーホールディングス株式会社】(2019年~)
地方共創への取組み (宮城県七ヶ浜町包括連携協)

セガサミーホールディングスは、2019年6月17日に宮城県七ヶ浜町と地方創生に係る包括的連携協定を締結しました。グループの人財を7月1日より七ヶ浜町へ派遣し、セガサミーグループの製品・サービスも活用し、地域の課題解決、活性化に取り組んでいきます。

【セガサミーグループ】(2009年~)
絵本を届ける運動

セガサミーグループでは、紛争地域などに暮らす子どもたちへのエンタテインメントを通じた貢献を目的として、公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会の「絵本を届ける運動」に参加しています。社員から不用品の提供(BOOKOFF on-lineにて換金)や社内の自販機募金とともにマッチングギフトを活用し、日本の絵本を購入。そして、現地語訳のシール貼り~送付するまでの一連の活動を、グループ社員で分担、2009年の活動開始から計2,825 冊の絵本を現地へ送っています。エンタテインメントを通して、すべての子どもたちが夢を持って生きていくことができる世界が訪れることを願い、この活動を続けていきます。

【セガサミーグループ】(2019年~)
世界の子どもたちにワクチンを(エコキャップ回収運動)

セガサミーグループでは、大崎本社各階でのペットボトルキャップの回収を通じ、CO2排出削減と世界の子どもへのワクチン接種普及に寄与しています。キャップは、専門業者によってリサイクルされることで焼却処分時のCO2排出を抑えられるほか、業者への売却時に発生する収益を『認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JVC)』に寄付することで、世界の子どもたちの健康維持に協力することができます。
2019年度は49,880個のキャップをリサイクルし、365.5kgのCO2排出を抑制、65人分のワクチン購入額をJVCに寄付しました。

【セガサミーホールディングス株式会社、株式会社セガトイズ】(2009年~)
NPOとの協働による玩具の寄贈と玩具除菌活動

11回目を迎えたこの取り組みは「特定非営利法人日本NPOセンター」とともに非営利団体を選定し寄贈しています。2019年度は小児がんや小児の難病治療の家族の滞在支援をする「認定NPO法人 ファミリーハウス」さまへ、病室のベッドで過ごすお子さんとご家族に笑顔と勇気をお届けするためにセガトイズの商品100点(2019年度分)と不織布マスク500枚をお届けしました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響で多くの病院では面会制限が行われ、病気のお子さんとご家族にとってこれまで以上に「つながり」や「きずな」が感じられる支援が必要になっています。玩具を気持ちよくお使いになっていただけるよう、当社グループの社員が宿泊施設を訪問し、一般のボランティアの方々と一緒に玩具やぬいぐるみの除菌作業を行っています。今後もすべての子どもたちとその家族が笑顔になっていただける取り組みを目指していきます。

【株式会社ダーツライブ】(2019年~)
SPORTS DARTS PROJECT

ダーツライブは、誰一人取り残さない世界の実現を目指し、健康寿命を延ばせるスポーツとして、ダーツを普及するプロジェクトを開始しました。2019年度は横浜市を中心に、小学校で4回、老人福祉施設で6回、ダーツイベントを実施しました。2020年度はさらにブラッシュアップさせ、その実績を全国へ普及していくために特設サイト“SPORTS DARTS PROJECT” を開設。子どもたちから高齢者、そして障がい者にも楽しんでいただけるスポーツとしてのダーツで新たな時代を創造していきたいと思います。

【セガサミーグループ】(2018年~)
子どもの食の支援

セガサミーホールディングスは、品川区社会福祉協議会と連携し、フェニックス・シーガイア・リゾートの自社農園で採れた野菜を2019年より子ども食堂へ寄贈しています。またサミーでは 『ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル2020』で配布する予定だったオリジナルパッケージの菓子を子ども食堂へ寄贈しました(児童クラブを運営するNPO法人や児童養護施設など26ヶ所、計57,000個を寄贈)。貧困や孤食などの問題解決とともに、今後もグループの事業や施設利用を通して、子どもたちが元気に成長する支援活動を行っていきます。

【セガサミーグループ】(2010年~)
児童養護施設支援

セガサミー野球部は、拠点のある八王子市内の児童養護施設(3ヶ所)を、毎年12月に訪れ、クリスマスイベントとして、子どもたちと交流を図っています。2019年は野球部員11名が訪問し、クリスマスプレゼントを贈呈するとともに、ティーボールで体を動かしたり、ゲームで対戦したりと、たくさんの笑い声が溢れました。今後も地域との交流を図り、地域の方々に愛される野球部を目指していきます。

【株式会社セガ・ロジスティクスサービス】(2012年~)
産業まつり「佐倉モノづくりFesta」

セガ・ロジスティクスサービスでは、事業所の1つがある佐倉市の『佐倉モノづくりFesta』に地域貢献の一環として出展しています。2019年は「志津コミュニティセンター」の常設ブースにUFOキャッチャーを出展し楽しんでいただきました(イベントには2日間で約15,000人が来場)。今後も地域の一員として、地域社会とともに、地域社会への貢献活動を行っていきます。

※2020年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、中止になりました。

【フェニックスリゾート株式会社】(2008年~)
地域学生の職業観醸成、マナー向上支援

フェニックス・シーガイア・リゾートでは、地域の中学、高校、大学に協力し、学生の職業観の早期醸成、マナー向上のために社会体験研修や講話、見学会などを実施しています(2019年度は20回、のべ220名がご参加)。マナー講座(出前授業)では、社会体験前の事前講習や進学・就職を目指す学生の面接指導などを行い、見学会では、福祉科の高校生へバリアフリールームの見学や相手に与える印象をワンポイントマナー講座でお話ししています。今後も、お客さまの快適な時間を創造するフェニックス・シーガイア・リゾートだからこそ伝え、提供できる支援をし、地域の成長発展に貢献していきます。

【セガサミーホールディングス株式会社】(2020年)
Art of The Rough Diamonds展(障がい者のアート制作活動支援)

「美術的才能を持つ知的障害あるいは精神疾患のある作家たちの自立と作品評価を高める支援」を継続的に行っている非営利特定法人アート・オブ・ザ・ラフダイヤモンズの活動主旨に賛同し、2020年10月、セガサミーグループ大崎本社ビル内「TUNNEL TOKYO」にて、アート作品の展示販売会を開催いたしました。新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した会場をご用意し、150名のお客様にご来場いただきました。芸術性が高く、個性豊かな約70点のアート作品を楽しんでいただき、そして多くの作品をご購入いただきました。このような機会の創出は、セガサミーグループのミッションである「感動体験を創造し続ける~社会をもっと元気に、カラフルに。~」の実践、さらにはSDGsの課題解決(ゴール8,10,17)につながると考え、今後も様々な障がい者活躍支援、ダイバーシティ推進活動を行ってまいります。

【セガサミービジネスサポート株式会社】(2020年)
しながわ花海道ボランティア

セガサミーグループの特例子会社であるセガサミービジネスサポート株式会社は、セガサミーグループ本社がある品川区への地域貢献を目的として、NPO法人しながわ花海道が運営する品川区勝島運河の緑化活動に参加しています。夏から秋にかけての活動では、障がいのある社員が、花壇の草取りやコスモスの種まきなどの花壇整備に汗を流しました。これからも障がいのある社員による地域ボランティア/社会貢献活動を積極的に推進してまいります。

株主優待制度による寄付のご報告

株主優待において、寄付をご選択いただきました株主の皆様には厚く御礼を申し上げます。集計状況を下記にてご報告しておりますのでご覧ください。

ページトップに戻る