トップメッセージ

このページを印刷

グローバルNo.1エンタテインメントカンパニーを目指して

セガサミーグループは、2004年、ゲームメーカーのセガと、遊技機メーカーのサミーが経営統合して誕生した、日本発のエンタテインメント企業グループです。遊技機事業、エンタテインメントコンテンツ事業においては、常に先進的な製品・サービスの創造に取り組み、数多くのヒットを生み出してきました。また、今後のグループの更なる成長を目指し宮崎に所在する「フェニックス・シーガイア・リゾート」や、韓国初の統合型リゾート「パラダイスシティ」の運営を手掛けるなどリゾート事業の育成にも注力し、エンタテインメントビジネスのフィールドを広げています。

エンタテインメントの領域の中で、幅広い事業を展開することにより、一つの事業に依存することのない安定的な経営体制を敷き、その上でグループのアイデンティティである“創造は生命”と“積極進取” の精神で、社員一人一人が個々のクリエイティビティを発揮し、果敢にチャレンジしています。そして、変化の激しい社会の中でも常に一歩先を行くエンタテインメント企業グループとして世界の中で確固たるポジショニングを確立していきます。

セガサミーグループは、エンタテインメントを通じて、これからももっと豊かに、もっと笑顔あふれる社会の実現に貢献していまいります。

セガサミーホールディングス(株)
代表取締役会長CEO 里見 治

いつの時代でも感動体験を創造し続ける企業であるために

セガサミーグループは、エンタテインメント企業グループとして、いついかなる時にでも感動体験を創造し続けることを使命に企業活動を続けてまいります。

嬉しいとき、悲しいとき、驚いたとき。共感したいとき、戸惑いつつ頑張ったとき、辛さを乗り越えたとき。新しい体験をして、心が大きく動くと、人はそれまでの自分とは少し違った自分に出会えます。そして、世界が今までとは異なったように見えはじめます。感動は、心を動かすだけでなく、社会も未来も良い方向へ向かわせる底知れないパワーを持っています。

セガサミーグループは、いま何が求められているのかを発見し、その期待を上回るエンタテインメントを、グループ一体となって創造し続けます。

人間にしかできない感動という、かけがえのない体験。まだ世界の誰も知らない感動体験で、世界中をアッと言わせたい。そして、あらゆる人を前向きにし、社会に元気をあふれさせ、この地球上にさまざまなしあわせを広げていく。セガサミーグループはそのような存在であり続けるために、これからも邁進してまいります。

セガサミーホールディングス(株)
代表取締役社長COO 里見 治紀