経営戦略

事業概要

Business Outline
Business Outline

事業計画

当社はパチスロ遊技機やパチンコ遊技機からなる遊技機事業のほか、スマートフォンやPCオンライン向け、家庭用ゲームソフト等のコンシューマ分野、アミューズメント機器、さらには玩具やアニメーション分野からなるエンタテインメントコンテンツ事業等の幅広いエンタテインメント関連領域で事業活動を行っています。また、統合型リゾート施設事業への本格的な参入を目指しており、リゾート施設の開発運営を行うリゾート事業を新たなコアビジネスとすべく、積極的に取り組んでまいります。

(億円)

  2021年3月期実績 2022年3月期計画
(2021年11月8日公表)
売上高 全体 2,777 3,050
  エンタテインメントコンテンツ 2,178 2,300
  遊技機 531 650
  リゾート 63 95
  その他/消去等 5 5
経常利益 全体 17 215
  エンタテインメントコンテンツ 279 325
  遊技機 -113 25
  リゾート -89 -65
  その他/消去等 -60 -70
経常利益率 0.6% 7.0%

セグメント別事業計画

1.エンタテインメントコンテンツ事業

対処すべき課題

エンタテインメントコンテンツ事業を取り巻く環境としては、デジタルゲーム市場において、高い製品クオリティだけでなく有力IPを活用したタイトルが上位を占めるなど、競争環境はより激しさを増しております。また、パッケージゲーム市場においては、現世代ゲーム機の普及が進んだことから、主に欧米においてゲームソフトの販売市場拡大に期待が高まっているほか、PC向けゲーム市場では、Steam等のゲーム配信プラットフォームの拡大傾向が続いております。
このような環境のなか、エンタテインメントコンテンツ事業におきましては、拡大が期待される分野へ経営資源を集中し、幅広い地域・デバイス・プラットフォームに向けたIP展開をより一層強化することが、経営課題であると考えております。

【2021/3期実績】

全体
    • コンシューマ分野が貢献し、前期比で大幅増益

    • AM施設運営グループ会社の株式譲渡に伴い、 第4四半期より連結除外

コンシューマ分野
    • (フルゲーム)巣ごもり消費の影響等を受け、リピート販売が飛躍的に増加

    • (F2P)新作タイトルが好調に推移、既存タイトルも堅調に推移

アミューズメント機器分野
    • 新型コロナウイルス感染症の影響による施設休業や稼働低下に伴い課金収入・機器販売が減少

    • プライズカテゴリー等の定番製品の販売及び主力タイトルのコンテンツ更新等が堅調に推移

アミューズメント施設分野
    • 4月~5月は順次休業対応を実施

    • 構造改革によりAM施設運営グループ会社の株式を譲渡(第4四半期より連結除外)

映像・玩具分野
    • (映像)劇場版「名探偵コナン 緋色の弾丸」の公開延期

    • (玩具)知育玩具を中心に堅調に推移

【2022/3期計画】

全体
    • コンシューマ分野のリピート販売の反動減

    • 新作タイトル増加に伴う開発費・広告宣伝費等の 営業費用増加

    • AM機器分野は構造改革による固定費削減効果 により収益改善の見込み

    • ソニック映画の配分収入を計上予定

コンシューマ分野
    • (フルゲーム)リピート販売の巣ごもり消費の反動減、新作タイトル増加に伴うコスト増を見込む

    • (F2P)「ファンタシースターオンライン2」シリーズの新作を予定

アミューズメント機器分野
    • 構造改革実施による固定費削減効果により収益改善

    • UFOキャッチャーシリーズやプライズ等の定番製品、及び新製品を発売予定

映像・玩具分野
    • (映像)劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』を公開、映像制作・配信等による収入を計上予定

    • (玩具)新製品・定番製品を販売

2.遊技機事業

対処すべき課題

遊技機業界では、規制環境や市場環境が大きく変化する中、パチンコホール軒数は減少傾向にあるものの、パチンコホールの大型化が進んでおり、一店舗当たりの設置台数は増加しております。一方で、一般財団法人保安通信協会(略称:保通協)におけるパチスロ遊技機の型式試験適合率が引き続き低水準であることから、6号機のタイトル供給数は低調に推移しております。 
このような環境のなか、遊技機事業におきましては、規則等に適応し市場ニーズに応える斬新なゲーム性を備えた製品の開発・供給に取り組み、市場販売シェアの維持・拡大を図る必要があります。また、遊技機の部材リユース等による原価改善や開発等の効率化により、収益性を向上させていくことが経営課題であると考えております。

【2021/3期実績】

    • 下期以降、営業活動を本格的に再開

    • 旧規則機の撤去期限延長により、新規則機に対する 需要が落ち込み、販売台数が前期比大幅減

【2022/3期計画】

    • 撤去期限を迎える旧規則機の入替に向け、主力タイトル を含む新作の投入を進め、収益回復を見込む

    • 構造改革の実施により固定費が減少する一方で、タイト ル数の増加等に伴う広告宣伝費等の増加を見込む

3.リゾート事業

対処すべき課題

リゾート事業におきましては、将来的な統合型リゾート事業の本格化に備え、国内におけるリゾート施設や海外における統合型リゾートの開発・運営を通して、ノウハウの蓄積を進めることが経営課題であると考えております。

【2021/3期実績】

    • フェニックスリゾート:新型コロナウイルス感染症による影響を大きく受 け、施設利用者数が前期比65.7%まで減少

    • 「Go To トラベル事業」期間中は個人需要が高まり施設稼働回復

【2022/3期計画】

    • フェニックスリゾート:個人集客の強化により2020/3期水準への収益回復を見込む

    • パラダイスセガサミー:損失幅の縮小を見込む(営業外費用)

    • 引き続きIR事業に向けた費用を計上

 

関連リンク

ページトップに戻る