コンプライアンス/リスク管理

セガサミーグループは、「グループ行動規範」に基づき、一人ひとりがコンプライアンスを意識し適切な行動を可能とするために様々な取り組みを行っています。
また、経営の内外に潜在する重要な損失リスクを洗い出し、対処すべき課題を明確化して、会社の事業遂行、経営資源の損失低減、再発防止に取り組んでいます。

グループ行動規範の周知徹底

セガサミーグループでは、グループ全従業員がCSR憲章を理解し、その精神に基づいた行動を実践するための行動・業務指針を「グループ行動規範」、「グループ・マネジメントポリシー」に示し、企業倫理・法令遵守を徹底しています。

コンプライアンス意識の醸成と浸透

セガサミーグループでは、コンプライアンス意識の醸成と浸透を図るために、グループ各社向けの勉強会を適宜実施するほか、日常遭遇しそうな出来事を想定した具体例を分かりやすく編集したコンプライアンスハンドブックの改訂も済ませ、全社員が適時閲覧できるイントラネットに掲載しています。特に下請代金支払遅延等防止法(下請法)遵守体制の強化を図るため、コンプライアンス監査を定期的に実施するとともに、法務部門による各部門への教育・指導等を実施しています。

内部通報制度

グループ内での自浄機能を作用させ、法令違反や不正行為などを未然に防ぐため、内部通報に関する制度(内部通報制度)を制定しています。
通報事項に関する調査、是正措置、再発防止の実施、通報者の保護制度を設け、社内イントラネット並びにポスター掲示により全社員に周知しています。
2019年には、消費者庁所管「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」の登録事業者として登録され、内部通報制度の適切な整備・運用に努めています。

インサイダー取引防止への取り組み

セガサミーホールディングスでは、役員および社員によるインサイダー取引防止のため、「セガサミーグループインサイダー取引防止規程」を制定しています。法令が定める売買規制に関する事項を記載し、あわせて役員、社員による自社株式等の売買について事前の届出義務を定めることにより、インサイダー取引発生の未然防止に努めています。また、イントラネット等によりインサイダー取引規制に関する情報を適宜発信するなど、役員および社員の意識が高まるよう、各種施策を実施しています。

腐敗防止、寄付金などの適正処理

セガサミーグループでは、「グループ行動規範」において、贈賄をはじめ利益供与、便宜供与とみられるあらゆる腐敗の防止と寄付を含む社会貢献活動を行う際は、関係法令に従って定められた社内ルールを遵守して、公明正大に行う旨を明記し取り組んでいます。

災害発生時の緊急対策

セガサミーグループでは、災害等が発生した場合でも業務が中断しないよう、また万一中断しても短期間で再開できるよう施策を講じています。大規模災害発生時に社員およびその家族の安否確認をスムーズに行えるよう、緊急連絡や被害状況の把握を迅速かつ確実に行う仕組みとして「安否確認システム」を導入しています。さらに、緊急連絡手順の確認や防災グッズの配付など、災害発生時を想定した対策についても、グループ展開を検討しています。

情報セキュリティの強化

セガサミーグループでは、お客さまの情報をはじめ、経営情報や営業情報などすべての情報を重要な財産と捉え「情報セキュリティポリシー」および「情報管理規程」において、企業秘密その他情報の適正な取り扱いと管理方法を定めています。

知的財産に関する基本方針

セガサミーグループは、知的財産を企業競争力を高めるための重要な要素、かつ企業経営を支える重要な経営資源であると位置づけ、グループ会社ごとに方針を掲げて取り組んでいます。また、各グループ会社間で積極的に情報共有を図り、事業の優位性の確保と知的財産権に関する法令等の遵守を行っています。

ページトップに戻る