セガサミーグループの歩み

  • セガサミーホールディングス株式会社
  • 経営統合前(セガ)
  • 経営統合前(サミー)

セガサミーホールディングス株式会社

2004年
  • セガサミーホールディングス(株)設立(セガサミーホールディングス)
  • ネットワーク技術「ALL.Net」登場(セガ)
  • 女子向けカードゲーム機「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」登場(セガ)
2005年
  • パチンコ遊技機「CR北斗の拳」発売(サミー)
  • The Creative Assembly Ltd.の発行済全株式を取得し子会社化(セガ)
  • 家庭用ゲーム「龍が如く」シリーズ初登場(セガ)
  • 業務用トレーディングカードゲーム「三国志大戦」シリーズ初登場(セガ)
2006年
  • SPORTS INTERACTIVE Ltd. の発行済全株式を取得し子会社化(セガ)
  • パチスロ遊技機「パチスロ北斗の拳SE」発売(サミー)
  • 新基準機第1弾パチスロ遊技機「出ましたハクション大魔王」発売(サミー)
  • 株式会社サンリオとの戦略的業務提携(セガサミーホールディングス)
2007年
  • パチスロ遊技機「パチスロ北斗の拳2 乱世覇王伝 天覇の章」発売(サミー)
  • タイヨーエレック株式会社を子会社化(サミー)
2008年
  • 株式会社サンリオとの新キャラクターの共同開発について合意(セガサミーホールディングス)
  • 当社パチンコ史上最大の販売となるパチンコ遊技機「ぱちんこCR北斗の拳」シリーズ発売(サミー)
2009年
  • (株)銀座を子会社化(サミー)
  • セガサミービジュアル・エンタテインメント(株)(現マーザ・アニメーションプラネット(株))設立(セガサミーホールディングス)
  • 爆丸有限責任事業組合(爆丸LLP)設立(セガサミーホールディングスほか)
2010年
  • (株)サミーネットワークス、(株)セガトイズ及び(株)トムス・エンタテインメントを完全子会社化(セガサミーホールディングス)
  • 1,700万株の自己株式の消却を実施(セガサミーホールディングス)
2011年
  • タイヨーエレック(株)を完全子会社化(セガサミーホールディングス)
2012年
  • フェニックスリゾート(株)を完全子会社化(セガサミーホールディングス)
  • 韓国Paradise Groupと合弁会社の設立で合意(セガサミーホールディングス)
  • (株)セガを分割会社とし、(株)セガネットワークスを新設(セガ)
2013年
  • 北米開発会社Relic Entertainment Inc.及び開発タイトルに関わる知的財産を取得(セガ)
  • PARADISE SEGASAMMYを通じてカジノ施設Paradise Casino Incheonを取得(セガサミーホールディングス)
  • (株)インデックスのゲーム事業、コンテンツ&ソリューション事業等を譲受け(セガ)
  • カジノ機器の開発・製造・販売を行うセガサミークリエイション(株)を設立(セガサミーホールディングス)
2014年
  • (株)インデックスのゲーム事業を会社分割し、分割会社を(株)アトラスに商号変更(セガ)
  • PARADISE SEGASAMMY.が、統合型リゾート施設「パラダイスシティ」の建設に着工(セガサミーホールディングス)
2015年
  • グループ組織再編に伴い、(株)セガを分割会社とし、新設分割により(株)セガホールディングス、(株)セガ・インタラクティブ、(株)セガ・ライブクリエイション(現CAセガジョイポリス(株))を設立(セガ)
  • (株)セガが、(株)セガネットワークスを吸収合併し、(株)セガゲームスに商号変更(セガ)
2016年
  • (株)ユニバーサルエンターテインメントとの合弁会社設立(サミー)
  • 「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」リニューアル(フェニックスリゾート)
2017年
  • PARADISE SEGASAMMYが、韓国初の統合型リゾート施設「パラダイスシティ」を開業(セガサミーホールディングス)

商材画像